水素ガス生成器リタエアー(Lita Air)のブログ記事
水素吸入器でコロナウイルス患者が改善
レンタルオンライン決済

レンタルオンライン決済の場合、最短ならリタエアーを翌日にご自宅までお届け致します。

健康産業新聞へ寄稿のお知らせについて

水素研究の第一人者であられる慶應義塾大学医学部循環器内科の佐野元昭准教授から、水素吸入を利用したコロナウイルス治療に関する見解が健康産業新聞に寄稿されました。

慶應義塾大学医学部循環器内科の佐野元昭准教授

サブタイトルには「緊急提言!」と記されており、佐野准教授による確信の内容であることは間違いないと思われます。

健康産業新聞に寄稿

健康産業新聞に掲載された記事

↓

では、健康産業新聞(2020年4月15日発行 第1690号)に寄稿された記事を引用してご紹介させて頂きます。

水素研究の第一人者から緊急提言
健康産業新聞

水素ガス吸入治療が2016年11月、厚生労働省より「先進医療B」に承認された際、第一線で研究に従事し、現在は水素ガス治療開発センターのセンター長として、水素ガス吸入治療法の効果検証を行う他施設共同無作為化比較試験の推進をはじめ水素ガス吸入の治療効果の背景にあるメカニズム研究、さらには産学官連携により、水素発生装置や水素混合ガス供給装置を保険償還の得られる医療機器として認められる具体的な道筋を探るなど、水素研究の第一線で活躍する慶応大学医学部循環器内科の佐野元昭准教授。

このほど、佐野氏から「健康産業新聞」を通じて業界への緊急提言を頂いた。

医療崩壊への危機感が高まり、厚生労働省は、感染者を全員入院させるという方針から、軽症の患者は宿泊施設や自宅待機させ、重症な肺炎を引き起こすまでは入院させない方針へ転換しようとしている。

そこで、水素をCOVID-19肺炎の重症化予防に活用すべきと考える。

現時点では、水素がCOVID-19肺炎に有効であるというエビデンスはない。

しかし、これまで蓄積されてきた動物実験の結果から、臨床試験が進行中の他の薬剤と同様に、水素が期待できる。

肺は傷害をうけると線維化(縮む)もしくは気腫化(膨らむ)して呼吸機能が低下する。

水素はこの両方の病気に有効であるという結果が示されている。

免疫の過剰反応による「サイトカインストーム」がCOVID-19肺炎の重症化(びまん性肺胞障害)に関与している。

人工呼吸器からの水素吸入が「サイトカインストーム」を抑える事実が複数の研究グループから報告されている。

中国では、ひと足早く、水素吸入器がCOVID-19肺炎治療に認可された。

水素水を飲んでも腸管から吸収された後、水素はSARS-CV-2の感染標的である肺を通って排出される。

今こそ、水素を体内に摂取できる手段を普及させてきた企業と医療がコンソーシアムを組み、その科学性を検証し、COVID-19パンデミック克服に向けた取り組みを始めるべきである。

出典元:健康産業新聞より

上記のように、
佐野元昭准教授は「中国では、ひと足早く、水素吸入器がCOVID-19肺炎治療に認可された。」と述べられておられます。

↓
新型コロナウイルスの治療法

新型肺炎の治療に水素吸入を指示した内容

水素吸入の治療を行った新型コロナウイルス感染者の動画です。

実際、佐野准教授自身は、中国政府が新型コロナウイルスに水素吸入を治療するように指示したことを認められているのです。

慶應大学医学部循環器内科准教授

  • 佐野元昭准教授(略歴)
  • 1992年03月
  • 慶應義塾大学医学部卒業
  • 1992年05月
  • 慶應義塾大学医学部研修医(内科学)
  • 1996年05月
  • 慶應義塾大学医学部助手(内科学)
  • 2000年09月
  • Baylor医科大学循環器内科 Research Fellow
  • 2004年07月
  • Baylor医科大学循環器内科 Assistant Professor
  • 2009年07月
  • 慶應義塾大学医学部講師(循環器内科)
  • 2013年03月
  • 慶應義塾大学医学部准教授(循環器内科)
  • 2016年09月
  • 水素ガス吸入治療が厚生労働省先進医療Bに登録
  • 2016年12月
  • 水素ガス治療開発センター センター長

出典元:健康産業新聞より

Paragraph

この健康産業新聞に寄稿された記事を多くの方にご覧頂き、水素吸入による治療方法だけでなく、水素ガス生成器リタエアーのレンタル事業への関心が高まることを期待しています。

水素吸入とコロナウイルスの情報

水素ガス生成器リタエアーをレンタルするBAGUSから「COVID-19」に関連する情報をお届けします。

投稿日時:2020年5月 1日 19:19
トップへ戻る
レンタルオンライン決済
お問い合わせはこちら